食べ物
2018.12.26

ローヤルゼリーの効果は?|女王にあやかり男は猛るか

女王蜂の堂々とした体躯と圧倒的な長寿は「ローヤルゼリー」によってつくられる。精力増強やアンチエイジングを願う人間がこれに目をつけて、期待をかけるのは必然かもしれない。働き蜂が女王に献上するこの特別な食べ物は、男の活力もグッと引き上げてくれるのだろうか。ここでは、ローヤルゼリーに含まれる成分、効果に関する臨床研究、商品の選び方などについて詳しく解説する。

監修医師

監修 管理栄養士・料理家  磯村優貴恵

ローヤルゼリーとは?

3~4万匹の働き蜂の頂点に君臨するただ1匹の女王蜂は、ローヤルゼリーだけで育てられる。働き蜂は頭部の分泌腺から独特の苦味と酸味がある乳白色のクリームを作り出し、すべて女王に献上する。そうして働き蜂は1か月程度で死んでゆく一方で、女王蜂は最盛期には1日2000個もの卵を生みながら、2~4年、まれにそれ以上生き続ける[1-2]。

ローヤルゼリーに含まれる成分

ローヤルゼリーの50~60%は水分で、タンパク質(18%)、糖質(15%)、脂質(3~6%)、ミネラル(1.5%)、ビタミン、その他の成分が含まれている。近年の技術によって、約185種もの成分で構成されていることが分かってきた。なかでも「10-ヒドロキシデセン酸」や日本人が発見した「ロイヤラクチン」という成分が重要であると考えられている。他にもアデノシン、アセチルコリン、ポリフェノール、ホルモン(テストステロン、プロゲステロン、プロラクチン、エストラジオール)などがある[3]。

ローヤルゼリーは男性機能にどのくらい効く?

このようにローヤルゼリーには多種多様の成分が含まれているため、その効果としては様々なものが期待されている。すでに血圧に関しては、特定保健用食品(トクホ)としてローヤルゼリーペプチドを関与成分とした製品が販売されている。また、女性の更年期障害、脂質異常症、糖尿病、耳鳴りなどへの効果を示唆する報告も出ているようだ[2]。では、男の精力についてはどうだろうか。ローヤルゼリーの効果を調べた研究報告は数多くあれど、男性機能に関するものは少ない。しかし、いくつか見つけることができた。

動物実験の結果

マウスを用いた実験では、ローヤルゼリーが酸化ダメージから精巣を保護することが示されている。ローヤルゼリーのなかに炎症を抑えて精子の産生を刺激するような成分が含まれているらしい。また、ウサギの実験では、生殖能力、精液の質と生産、テストステロンの濃度などに対してローヤルゼリーが効果を発揮したという報告がなされている[3]。テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性の活力を左右する大事な要素である(詳しくは『「男性ホルモン多い=ハゲ」は間違い!?男性ホルモンの働きってなんだ』を参照)。とはいえ動物実験なので、この結果を人間にそのまま当てはめることはできない。

臨床試験の結果

では、人間における効果はどうなのだろうか。岐阜大学では、健康人に6か月間ローヤルゼリーを飲んでもらう研究を実施し、2012年にその結果を報告している[4]。被験者30人にはローヤルゼリー3000mg配合ドリンクを、26人には配合されていない偽のドリンク(プラセボ)を1日1本飲んでもらった。その結果、プラセボと比較して、ローヤルゼリーを飲んだ方がテストステロンの値が高くなった。ローヤルゼリーにはテストステロンを作り出す酵素の活性を高める作用があるのではないかと考えられている。

このように、ローヤルゼリーには男性機能に多少なりとも有利な作用がありそうだ。しかし、まだその根拠は乏しく、ED(勃起不全)や男性更年期障害などの治療薬として期待できるレベルではない。あくまで栄養豊富な「食品」として捉えておくのが妥当だろう。

ローヤルゼリーの選び方

最後に、ローヤルゼリーに興味を持たれた諸君のために、製品の選び方について解説しておこう。

ほとんどは中国産

現在、流通しているローヤルゼリーの約9割は中国からの輸入品だ[2]。ローヤルゼリーの国内生産量は2017年で2.4トンしかなく、1kg当たり11万5000円という高値が付いている。1985年には12.5トンの生産量があったのだが、1995年は6トン、2005年は3.9トンと減ってきて、近年は横ばい傾向で推移している[5]。

というのも、日本では養蜂できる環境が失われてきているからだ。化学肥料の代わりとなるれんげ草や、食用油の原料となる菜種は蜜蜂の好物なのだが、いずれも減ってしまったことが一因とされている[1]。

質のよい製品の選び方

全国ローヤルゼリー公正取引協議会によると、ローヤルゼリーの輸入に際しては、安全性試験(残留抗生物質検査など)を通ったものだけが国内に入ってくるという[2]。この協議会ではローヤルゼリーの品質を担保する審査を行っている。審査をパスしたローヤルゼリーを全重量の6分の1以上含む製品は特別なマークを付けることができる。このマークは赤色とクリーム色の二重円になっており、「(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会」「公正」と記されているので、商品を選ぶ際のよい参考になるだろう。

ローヤルゼリーの安全性

ローヤルゼリーは食品なので、飲む量やタイミングは特に決まっていない。商品パッケージに1日の目安量が書かれているはずなので、それを参考にしよう。基本的に栄養素の補給という位置づけなので、一度にたくさん飲むよりも、少量を毎日続けた方が好ましい[2]。

ただし、ローヤルゼリーには多種の成分が含まれるため、まれにアレルギー反応を起こすことが報告されている。そのため、喘息や食物アレルギーがある人にはあまりおすすめできない。この旨は製品にも表示されるようになってきている[2]。万が一、体調が悪くなった際には製品を持って近くの内科クリニックなどを受診してほしい。

参考文献

  1. [1]安野光雅ほか. 審問48 よくローヤルゼリー入りの製品が売られているが、わずかしかとれないはずのローヤルゼリーが本当に入っているのだろうか. 安野光雅の異端審問. 朝日新聞社 1994; 111-113
  2. [2]全国ローヤルゼリー公正取引協議会ホームページ
  3. http://www.rjkoutori.or.jp/(参照 2018-11-15)
  4. [3]Pasupuleti VR et al. Honey, Propolis, and Royal Jelly: A Comprehensive Review of Their Biological Actions and Health Benefits. Oxid Med Cell Longev 2017 Jul 26.
  5. [4]Morita H et al. Effect of royal jelly ingestion for six months on healthy volunteers. Nutr J 2012 Sep 21; 11: 77.
  6. [5]農林水産省. 養蜂をめぐる情勢. 2018年10月
  7. http://www.maff.go.jp/j/chikusan/kikaku/lin/sonota/attach/pdf/2018yohomeguji.pdf(参照 2018-11-15)

今すぐ読みたい

「食べ物」の関連情報