食べ物
2018.12.26

トンカットアリの効果は?|マレーシア政府も期待する戦士の植物

男性用サプリメントや精力剤について調べていると、「トンカットアリ」という言葉を目にすることがある。生物なのか栄養素なのかよくわからない響きだが、正体は東南アジア圏で古代から利用されてきた植物の根だ。男としての悩みを持つ読者であれば、精力増進効果があるのか気になるところだが、実際はどうなのだろうか。研究の結果なども含めて、トンカットアリの効果について紹介する。

監修医師

監修 管理栄養士  横川仁美

トンカットアリとは?

トンカットアリとは、マレーシアの薬用植物である。不思議な名前だが、「古代イスラムの戦士(Ali)を支える杖」という意味があり、昆虫の蟻とは全く関係ない。日本語ではナガエカサ、英語ではロングジャック(Long Jack)とも呼ぶ。

生息地は、マレー半島やスマトラ島、ボルネオ島など東南アジアの砂地や森である。成長すると高さは10メートル程になり、白く小さな花を咲かせる。薬効を期待して使われるのは根の部分だが、成長が遅く栽培も難しいため、天然のものしか利用されていない貴重な食材だ[1]。

マレーシア政府も期待する男性ホルモンへの効果

トンカットアリには、一般的に滋養強壮や体力、性機能向上などの効果があるとされる。ベトナムやタイ、フィリピンなどでは、マラリアや腫瘍、疲労、不安神経症などに対しても使われてきたそうだ。根から抽出したエキスは苦味が非常に強いが、エキスを混ぜたジュースやコーヒーが栄養ドリンクとして売られているなど、現地では身近な存在として親しまれている[1]。

トンカットアリが注目に値するのは、マレーシア政府が研究を進めているところだろう。マレーシア政府は2000年にマレーシア森林研究所プログラムを通して、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)と初のパートナーシップを結び、トンカットアリの研究を開始した。植物の中には様々な成分が入っているが、トンカットアリには薬用成分としてユーリペプチドやグリコサポニン、アルカロイドなどが含まれているとわかっている。研究の結果は後述するが、特にユーリペプチドは男性ホルモンの材料となるDHEAという物質の産生を促す働きを期待されている。男性ホルモンの分泌量は性的能力にも影響してくるため、精力剤としての効果が見込まれているというわけだ[1]。

トンカットアリは本当にED改善効果がある?

トンカットアリには言い伝えの通り精力増進効果があるのか確かめるために、様々な臨床試験が行われている。いくつかの研究結果を紹介しよう。

ED改善効果に関するヒト対象の試験

トンカットアリのED改善効果に関しての試験のうち、一例を紹介する。マレーシア科学大学が中心となり、30~55歳の男性109人に対して試験が行われた[2]。トンカットアリの根から抽出したエキスを1日あたり300mg飲む群と、偽物(プラセボ)を飲む群に分けて、試験開始時と試験12週後の勃起機能をIIEF(国際勃起機能スコア)で評価した。すると、トンカットアリエキスを服用していた群ではスコアの改善が見られ、性的活動時における勃起の成功頻度も上がったということがわかった。また、精液を分析したところ試験開始時に精液量が少なかった群については、トンカットアリエキスの服用によって精液量や精子の運動量も向上していた。

加齢で減少した男性ホルモンを改善

男性ホルモンの分泌量は年齢とともに減少するが、何らかの原因で下がりすぎてしまうと、EDやうつ、不眠などの色々な不調が現れる。これを「LOH症候群」と呼ぶ。LOH症候群に対しては、男性ホルモン補充療法が行われることがある。トンカットアリにも、低下した男性ホルモンを回復させる効果が見られたのだ。

マレーシア政府が2011年に行った試験では、LOH症候群の患者76人に、トンカットアリのエキスを1日に200mg、4週間にわたって投与した[3]。試験開始時に男性ホルモンの分泌量を計ると、正常値を満たしていたのは全体の35.5%だけだった。しかし、試験を終えてみると全体の90.8%が正常値を満たしていたのだ。

LOH症候群がどんなものかについては、『男の人生を決める「男性ホルモン」|減少を止めるためには?』をご覧いただきたい。

このような試験の他にも、トンカットアリには筋肉増強作用や骨粗鬆症予防、疲労回復作用などがあると期待されている。これらはどれも、男性ホルモンによってもたらされる効果と似ている。

まるで万能薬なトンカットアリ!注意点は?

ポジティブな試験結果を続けて見ると、トンカットアリはまるで万能薬のように思えてくる。しかし、あくまで食品であることを覚えておいて欲しい。もし効果が広く認められていれば、医薬品として利用されているはずだ。男性ホルモン低下やEDで悩む人すべてに対して、同じように効果があるとはまだ証明されていない。本気でEDを治したい場合は、ED外来や泌尿器科に頼ることをおすすめする。

国内においてトンカットアリを摂取するのであれば、基本的にサプリを利用することとなる。しかし、飲みやすいからといって、くれぐれも用法用量を越えた使い方はしないように注意しよう。サプリでも大量に服用すると、思わぬ健康被害を起こす可能性がある。気分が悪くなったときは、製品を持って近くの内科を受診して欲しい。サプリの選び方や、正しい使い方は『男性用サプリメントの選び方|失敗したくない・誰にもバレずに解決したい!』でも解説している。

参考文献

  1. [1]岡宮 裕. 男性更年期・EDをらくらく克服する方法―男性ホルモン補充による40代からの男性更年期・ED対策 初版. ナショナル出版 2017; 125-142
  2. [2]Shaiful Bahari Ismail, et al. Randomized Clinical Trial on the Use of PHYSTA Freeze-Dried Water Extract of Eurycoma longifolia for the Improvement of Quality of Life and Sexual Well-Being in Men, Evid Based Complement Alternat Med. 2012; 2012: 429268
  3. [3]Tambi MI, et al. Standardised water-soluble extract of Eurycoma longifolia, Tongkat ali, as testosterone booster for managing men with late-onset hypogonadism?, Andrologia. 2012; 44(1): 226-230

今すぐ読みたい

「食べ物」の関連情報